新横浜御用牙2011

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

横浜Fマリノス

順位表

最近のトラックバック

banner

banner2

staff

RSS

LINK

FMBH

« 2013年6月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年7月

2013年7月15日 (月)

アジア戦略、2ステージ制、J3問題、Fマリ経営問題とは? -東京偉蹴FanTV : ゲスト 清 義明

『ロック総統の“今そこにある”サッカーを愛せ!』に出てきます。

このへんのことも語ってきます。では、お楽しみに!

2013年7月10日 (水)

続 【考察】マリノスの収益構造について

クラブから2012年度決算についてというステイトメントが出ましたので、さっそく2013年度版を書いてみました。

昨年は関係各所でかなり話題になっておりましたが、今年も書いています。

続 【考察】マリノスの収益構造について

来年は書きたくないですね(笑)


ところで、去年の2011年度決算がサイトから消えています。
松田のときのサポーターカンファレンス議事録もしかりなんですが、これはどういう意味なんでしょうか。。。。

2013年7月 6日 (土)

大分とのダンマク名勝負数え唄

大分サポから「遠いけどまた来ちゃった横浜」の段幕

マリサポ拍手

マリサポ「凄いのは指原だけ」の段幕

大分サポの笑いとブーイングと「おー、さしはら」コール

マリサポ拍手と笑い

本日こういうのがあったみたいですが、これには長い歴史があります。

【大分とのダンマク名勝負数え唄】

Dscf0662

「大分遠すぎ」  

「ケガ人多すぎ」

2003年、J1昇格の大分にはじめて遠征してあまりの遠さに。
ここから10年にわたる戦いがはじまる。
なお、本ダンマクは2003年日本代表流行語大賞最優秀ダンマク賞を受賞(笑)


「凄いのはホバークラフトだけ」(横浜)

「凄いのはギャルサポだけ」(大分)

2004年、当時運行していた大分空港から市内に出るホバークラフトのあまりの未来の乗り物っぷりに、大分唯一リスペクトする存在としてフューチャー。
このへんから恒例化し、ダンマク名勝負数え唄と化す。

09

10_2


「マークパンサーを監督に」(横浜)

「します」(大分)

Sany2046

Sany2047

大分の胸スポンサーであった小室哲也の会社によるスポンサー料未払いが発覚。
監督問題でも揺れていた大分に対して横浜側からの提案は、同じglobeのマーク・バンサーを監督にすれば一挙両得みたいなものでよいのではないかというもの。
これに関しては、大分サポも同意。

【その他の作品】

「横国ピッチ遠すぎ」(大分)
「大分 すき」(横浜)
「スプレー貸して」(大分)

「飲みにつれてって」(大分)
「ますたろうは欠席です」(横浜)
「あのメガネ?了解です」(大分)

このへんからほとんど単なる大分ゴール裏とのダンマクを使ったなれあいの場と化す(笑)
なお、「大分 すき」は、空気の読めないネットの良識派のみなさんの圧力とフロント運営により、大分遠すぎのようなものはダメだと禁止令が出たため、しょうがないので、「大分遠すぎ」の「遠」と「゛」をとってトンチを利かせて掲示したもの。

それから何年かすぎ、だんだんと世の中がせちがらくなっていき、ちょっとしたことでもネットがアホのように騒ぎだすので、あまりこのシリーズは制作できなくなる。自分も脚立を降りてトラメガを置いてから、試合時間前に到着し当意即妙でダンマクを出すための装備をもつことが億劫となる(笑)

2009年、スポンサー批判のダンマクで大分サポが無期限出入り禁止処置、さらにすでにJ2降格が決定していたため、久々に出したのがこれ


「遠いけどまた行くぞ大分」(横浜)

Mari350x193

動画はコチラ

それから4年・・・。

借金問題などで、しばらくは帰ってこれないだろうと思っていた、あの大分が帰ってきたら・・・。

「遠いけどまた来ちゃった横浜」(大分)

 

「凄いのは指原だけ」(横浜)

Boewnmfcmaet2yojpg_large_2

これからもこの戦いは続いていくでしょう(笑)

上に書いたとおり、最初に「大分遠すぎ」のダンマク出したときにクラブからダメだといわれたり、このまえもネタで出したダンマクで5試合出禁になるヤツが出てきたり、あまりもネットの良識派のみなさんのおかげで窮屈になりまくっているのでたいへんですが。

【おまけ1】

「大分遠すぎ」はこの大分とのダンマク勝負数え唄とは別の展開で進化。

「ベトナム遠すぎ」 (2004年ACL)

「チェコ遠すぎ」 (2005年日本代表チェコ戦)

「南アフリカ遠すぎ」(2010年南アWC)

・・・と世界に羽ばたいていきましたとさ。

Dsc_0810

【おまけ2】

「大分遠すぎ」ダンマクをつくってるところに現れたフレンドリーな大分ギャルサポ。

当時たぶん中学生くらいだから、指原もこんな感じだったわけ???

オレも年とるわなあ。。。。

Dscf0648

ライブ放送あり 7/11イベント「サッカーと愛国 -フットボール vs レイシズム-」

そろそろ反撃を開始。

こんなイベントやります。主旨に賛同してくれた豪華ゲスト陣で、チケットはもう売り切れなんですが、一人でも多くの人に見て聞いてほしいということで、IWJさんにお願いしてUstream中継もしてもらうことになりました。

Supporterconference_jp


日時: 7.11(木)19:30~22:30 (終了後フリートークタイム)
場所:  ネイキッドロフト(東京都新宿区百人町1−5−1 百人町ビル 1F)

出演:

小田嶋隆
(コラムニスト、テクニカルライター :著書「小田嶋隆のコラム道」他)
木村元彦

(ノンフィクション作家、ジャーナリスト:著書 「オシムの言葉」他)
千田善

(国際ジャーナリスト、通訳・翻訳者、元オシム日本代表監督通訳)
松沢呉一 

(ライター、タコシェ創設者。著者:「風俗見聞録」他)
安田浩一

(ジャーナリスト:著者「ネットと愛国」他)

司会:清義明

 ※シークレットゲスト(ちょんまげ隊長ツンさん他)あり!


なにが原因でああなったのか、という部分を知りたい方いらっしゃいましたらぜひご覧ください。

チャンネルはこちら

なお、これに引き続き、某所で同じくUSTREAMの番組に出ることにもなっているのですが、こちらはまた後ほど。かなりマリサポよりの内容になるかと思います。

« 2013年6月 | トップページ | 2013年11月 »

フォト

twitter

  • Twitterボタン
無料ブログはココログ