新横浜御用牙2011

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

横浜Fマリノス

順位表

最近のトラックバック

banner

banner2

staff

RSS

LINK

FMBH

« ロベルト佃さんのお仕事 -『サッカー代理人 (日文新書) 』 | トップページ | 未発表原稿「フットボールと愛国 -ぷちナショナリズムからレイシズムへ」 »

2013年5月21日 (火)

フリーペーパー「ハマトラ」が創刊100号9年目に突入しておりました

そういえば、hamatra のフリーペーパーが創刊100号を迎えておりました。

Ht_100top

はじまったのが2005年だから足かけ8年、今年で9年目に突入!

  1. サポーター情報をサポーターが発信。
  2. スタジアムに来た人だけが読める。
  3. 応援初心者ガイド的存在

この基本コンセプトを踏襲したながら出し続け、すでにスタッフも4代目くらいに入ってきていて、横浜ゴール裏カルチャーの代名詞ともなっております。
ここだけの話ですが、2004年当時に出ていたFC東京のサポ有志が出していた「東すか」のクオリティの高さに衝撃を受けて、どういう風につくっているのか当時の東すか執行部の方に話を聞きに行ったことがありました。
そして「うちは毎ホームゲーム出します!」と言ったら、「それは大変だね。がんばってね。。」と極めて懐疑的な反応かつ生温かい声援を頂きました(笑) これだけ長く出しているから、相撲における「恩返し」は果たしたかな。

以下、100号に寄稿した文。

バックナンバーは、ホームゲーム開催時のトリコロールランドで手に入りますよー。

--------------------------------------------------

フリーペーパー・ハマトラが、今号にて100号とのこと。

はじめたのが2005年の開幕戦磐田戦。

懐かしい話をすれば、ジュビロの福西がハンドでゴールを決めたのがこの試合。ACLはこの試合より先に行われていて、山東に三ツ沢で敗戦している。監督は岡田武史。8年前の話。

「俺がやってやるって気持ちが大事さ」という今はめったに歌わなくなったチャントが、その当時の雰囲気を表している。
スタジアムで歌詞カードを配布したい。それだけだとつまらないから、ちゃんとフリーペーパーみたいにして毎号みんなに読んでもらいたい。

誰にいわれたのでなく、こういうことやったら応援がパワーアップするんじゃないかということを考えた人たちが集まってつくりはじめたのがフリーペーパー・ハマトラ。

最初の編集打ち合わせは確か5人で始めたと思う。そこから世代が入れ替わり、もう編集部は3代目とか4代目になるのかな。自分自身も編集はお手伝いしなくてもなんとかなるようになっているのが、たいへん頼もしい。  

その後、このフリーペーパー・ハマトラは、2006年の浦和戦でのダンマク落としの浦和サポーター側への処置をめぐって半年ほどすこしばかりの抗議の休刊をして、それ以来ずっと続いている。
そして、この紙媒体と当時は珍しかったオリジナルのSNS「ハマトラSNS」を母体として、年間数万枚をホームタウンのいろいろなところにポスターを掲示したり、様々なボランティア活動を行っているNPOハマトラが生まれた。
こちらももう4年目。

サポーターが自主的にこんな活動を継続して何年もやっているのは、実は他のサポーターからも、モデルケースにされていているらしく、松本山雅のウルトラスとかは相当影響受けているらしいです。でも、はじめた当時にしても、今でも横浜がサポーターはトップレベルです。伝統の横浜。横浜愛のおかげですね。

Jリーグは百年構想、それならばフリーペーパー・ハマトラもあと92年続けていかねばならない。それには、まだまだみなさんのパワーが必要です。

サポートするというのは、別に跳んだり歌ったりするだけではありません。いろいろなサポートの仕方があります。ピッチの90分間以外にも大切なサポートがあります。
かつて、マリノスを2回も優勝させてくれた岡田武史監督は言いました。

「勝てるチームはフロントやサポーターやボランティアなど、そこに関わる全員が全力を尽くすチームだ」

フリーペーパーハマトラも、勝てるチームをつくりだすために、まだまだ続いていくことになります。

« ロベルト佃さんのお仕事 -『サッカー代理人 (日文新書) 』 | トップページ | 未発表原稿「フットボールと愛国 -ぷちナショナリズムからレイシズムへ」 »

コメント

はじめまして。青い魂(赤いところで)というブログの管理人keiと申します。hamatra のフリーペーパーが創刊100号を迎えたとの事、おめでとうございます。そしてありがとうございます。
拙い文章ではありますが、私なりのお礼の気持ちを記事にさせていただいたのと同時に、リンクを貼らせていただきました。
事後報告で申し訳ありません。変な事は書いていないと思いますが、失礼がありましたらお許しください。
今後とも、よろしくお願い致します。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1514027/51716464

この記事へのトラックバック一覧です: フリーペーパー「ハマトラ」が創刊100号9年目に突入しておりました:

« ロベルト佃さんのお仕事 -『サッカー代理人 (日文新書) 』 | トップページ | 未発表原稿「フットボールと愛国 -ぷちナショナリズムからレイシズムへ」 »

フォト

twitter

  • Twitterボタン
無料ブログはココログ