新横浜御用牙2011

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

横浜Fマリノス

順位表

最近のトラックバック

banner

banner2

staff

RSS

LINK

FMBH

« 横浜御用牙を画像で振り返るテスト | トップページ | Carnival and Festval!記念、Desk top wall paperを全員にプレゼント »

2007年4月22日 (日)

サテライトFC戦の意味

5693.jpg

もう一週間が経過してしまっているんだけれども、これについては書いておこうと思う。

先週のサラテイトえふしー戦の意味について。


・・・というか、なんであんなにまで、サポーター的に力を入れたのかということについて。

もしかしたら、自分達のまわりにいない人間は、トップチームなみの応援フル装備で、しかもコレオグラフィ(マスゲーム)まで仕込んで、マリノスタウンに集結していたのを見てびっくりしたかも知れない。

これには理由がもちろんある。
それは3月10日のえふしー戦の敗北についての反省だ。





正直、開幕一戦目の甲府戦は、個人的にスタ復帰第1戦というものはあったのだけれども、それよりもえふしー戦の方が重要であったし、一ヶ月前から様々な準備を進めていたのはその2戦目の方だった。
おかげで、三ツ沢でえふしーが仕込んでいたコレオグラフィよりも、すばらしく美しいコレオグラフィのトリコロールを見せることができたし、ただひとつを除いては、完全にオレらの完勝だったはずだ。そのただひとつというのが結果なわけなんだけれども。
サッカーというのは、決してピッチの上のスコアだけで計れるものではない、というのが自分の持論だけれども、さすがにこればっかりはやられた。あれだけ、サポートでは完勝だったのに、試合で負けてはどうしょうもない。


何故あんなことになったか、疲れきった試合後に、何人かの連中と話し合ってみたりした。
それから、翌日になって選手や監督のコメントを目にして、さらに考えてみた。

結論としては、えふしーの選手は完全にあの試合の意味をわかっていた。
それに対して、うちらの選手も監督も、いまひとつ理解してなかった。
スコアの結果は、その違いだったのではないかと。

必死になって、勝ちをもぎ取ったのは、カズや山口や奥といった老練の域にいるプレイヤーから編成されたチームだったということ。
彼らは、あの試合がどんなことがあっても負けてはいけないということがわかっていた。



まだ若く、目の前の試合の意味をこれから学ぶべきプレイヤーばかりの横浜F.マリノスは、それを理解することなく試合に挑み、そして、ピッチに出てみれば、これまで見たことがない雰囲気の三ツ沢。

隼磨は、あの三ツ沢に鳥肌がたった、と言っていたけれど、果たして試合前からそういう意味の試合として望んでくれていたのかは正直疑問なのだ。



そもそもF.マリノスは、昨今の戦績では、三ツ沢は非常に勝率がよろしくない。
オレは、これはピッチと観客席との距離に一因があるのでは、とも考えている。ヨココクは、観客席から遠く、直接のサポーターとの距離にこの感覚でいると、三ツ沢のようなところだとやりにくくなるのでは・・・と自分は考えている。さびしい話なのだが。




もちろん、そんな選手に対してブーたれることは如何様にもできるだろう。
松田がいれば、上野がいれば、あの試合の意味はわかってくれただろう・・・と嘆くこともできる。
気に入らないならば、ブーイングもすればいいと思うし、ヤジもいいだろう。

もしかしたら、えふしー戦だからといって、何もしないで34分の1試合とわりきってしまって、何もせず応援もグダグダだったほうがよかったのかも知れない。
そのほうが、あの雰囲気に呑まれなかったのだろうから。



しかし、本当にそれでよいのか?オレらはサポーターである。
選手は何人も入れ替わり、監督は次から次へとやってこようと、ゴール裏には、オレらはずっといる。
監督もプレイヤーも、あの試合の意味をわからなくとも、オレらはわかっていたはずだ。



反省したのは、何故オレらは、あの試合の意味を何故もっと先に選手に伝えられなかったのか、ということだ。

この試合を落としてはいけない、ということを、どんなかたちでも伝えなければならなかったのだ。





そんな話を飲みながらしていて、そして翌日からマリノスタウンで、はやくも仲間が行動を始めた。



>観戦スタンドには「エフシー1-0マリノス」「一生忘れんナ! 3・10の屈辱」などと横断幕が掲げられた。



本当は、これ以外にも、「あと155日」というダンマクもあった。

これはもちろん次のえふしー戦までの日数で、これを毎日一日ずつ減らしてカウントダウンして出していくつもりだったのだ。





その後、このダンマクがNGとなり、それからどうするものかと考えあぐねていたところで、サテライトでえふしー戦がやることが決まり、そして、当然ながらココは完璧に行こう!という話になり、あのようなことになった次第。


あの試合は勝ったことは勝ったけど、もちろんその先への布石としてあそこまでやりつくしたのはこれまで書いたとおり。



404934366_141.jpg


















サポーターが選手に教えるということもあるのでないかと、つくづく思うんだよね。





さて、そのサテの試合の後に出た記事はこんなのがあった。








サテライトでマリノスが雪辱 

33333.jpg「横浜ダービー」の屈辱をサテライトリーグで晴らした。15日、ホームのMM21トレーニングセンターに1471人と異例の大観衆を集めて、横浜FCと対戦。19歳FW斎藤の2得点などで、4-1と大勝した。指揮した水沼コーチは「今日は雪辱戦だった。ダービーはサテライトでもユースでも同じ」。試合前には、観客の9割を占めた横浜サポーターが赤、青、白のボードを手にチームカラーのトリコロールを表現。同コーチは「スタンドが選手に力を与えてくれた」と話していた。





コメント見て、つくづく思ったよ。

日産-読売のナショナル・ダービーで、6年間読売に負けなった日産のウイングをはっていた強気の男はわかっているよな・・・と。
水沼だったらなあ・・・・なんて言っちゃいけないか。

つか、あのメンツに早野もいたはずなんだがなあ~。





長く書きすぎた。
今日は、もう大分戦。

« 横浜御用牙を画像で振り返るテスト | トップページ | Carnival and Festval!記念、Desk top wall paperを全員にプレゼント »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サテライトFC戦の意味:

« 横浜御用牙を画像で振り返るテスト | トップページ | Carnival and Festval!記念、Desk top wall paperを全員にプレゼント »

フォト

twitter

  • Twitterボタン

他のアカウント

無料ブログはココログ